最新消息

技能実習を修了していない場合でも、特定技能評価試験に合格することで特定技能の在留資格の申請ができるようにすることを検討されています。

技能水準及び日本語試験は原則として日本国外で実施し、当面はベトナム、フィリピン、カンボジア、中国、インドネシア、タイ、ミャンマー、ネパール、モンゴルの9カ国で実施されます。

日本語テストは、受験者に結果を迅速に伝えるため、パソコンの使用が検討されています。

【特定技能評価試験の開始予定時期】

  • 2019年4月 宿泊業、介護業、外食業
  • 2019年10月 飲食料品製造業
  • 2019年秋以降 ビルクリーニング業
  • 2020年3月まで 残りの9業種

※14業種共通の日本語能力判定テストは2019年から始まる予定です。