最新消息

「特定技能1号」から在留資格「介護」への移行

介護の分野で特定技能1号として、仕事を3年以上続けた後に、介護福祉士の資格を取れば、既存の在留資格「介護」に移行できます。
※国家資格「介護福祉士」を取得後、入管への在留資格変更許可申請も必要
在留資格「特定技能」申請に必要な添付資料
在留資格「特定技能1号」、「特定技能2号」の申請に必要な添付資料は次のとおりです。

特定技能1号特定技能2号
申請に必要な添付資料 ● 特定技能所属機関の概要を明らかにする資料 ● 特定技能2号の活動を行うことのできる技能水準に達していることを証する資料
● 活動の内容,期間,地位及び報酬を証する文書 ● 特定技能所属機関の概要を明らかにする資料
● 特定技能所属機関による申請人に対する支援に係る文書 ● 活動の内容,期間,地位及び報酬を証する文書
● 日本語能力を証する資料 ● 特定技能雇用契約の締結に関し仲介した者がある場合は,当該仲介の概要
● 従事する業務に関して有する技能を証する資料
● 特定技能雇用契約の締結に関し仲介した者がある場合は,当該仲介の概要
更新申請に必要な添付資料 ● 活動の内容,期間及び地位を証する文書 ● 活動の内容,期間及び地位を証する文書
● 年間の収入及び納税額に関する証明書 ● 年間の収入及び納税額に関する証明書
● 申請人に対する支援の状況を証する文書 ● 社会保険の加入状況並びに国民健康保険及び国民年金の保険料の納付状況を証する文書
● 社会保険の加入状況並びに国民健康保険及び国民年金の保険料の納付状況を証する文書